SSブログ

半沢直樹高視聴率に貢献した敵役と脇役の俳優陣![画像] [ドラマ]

スポンサーリンク




最終回の平均視聴率が、関東地区で42.2%だったドラマ『半沢直樹』。
堺雅人演じるバブル期入社の銀行マンが、
理不尽な会社組織や上司に立ち向かって行く物語は、日本中の圧倒的支持を得た。
その人気を支えたのが、主人公を取り巻く俳優陣だった。

TKY201309240009.jpg

大阪編、東京編を通じて半沢の圧倒的な敵役となったのは、金融庁の黒崎駿一(片岡愛之助)。オネエ言葉で、ねちねちと相手を追い込む演技は特筆もの。
ORG_20090528000003.jpg

そして大阪西支店の浅野匤支店長(石丸幹二)。
その腰巾着で、さまざまな手段で半沢を追い落とそうと刷る人事部次長の小木曽(緋田康人)。計画倒産した西大阪スチール社長の東田満(宇梶剛士)。
片岡は、六代目片岡愛之助、言わずと知れた歌舞伎役者である。
石丸は、劇団四季の看板俳優として知られ、
退団後もミュージカルや舞台、ドラマ、映画で活躍している。
20130924-00000031-dal-000-8-view.jpg

緋田は、俳優業の一方で「ビシバシステム」というお笑いコンビでも活躍しており、
マニアなファンもいる。
7c7fc6cf-s.jpg


そして、東京本部では東京中央銀行最年少常務、大和田暁(香川照之)。
大和田派の筆頭で、半沢と貶めようとするのが、取締役の岸川慎吾(森田順平)。
伊勢島ホテル専務で女帝的存在だった羽根夏子(倍賞美津子)。
まさに怪演と呼ぶにふさわしい圧倒的な演技力と存在感を見せつけた香川は、九代目市川中車を継いだ歌舞伎役者でもある。
gnj1109271931023-p1.jpg

森田順平は、声優としても活躍している大ベテラン。
morita.jpg

脇役では、半沢の妻.花を演じた上戸彩、半沢の同期でさまざまな局面で半沢をサポートする渡真利忍(及川光博)、やはり同期だが出世コースからはずれ、出向先でもトラブルに見舞われる近藤直弼(滝藤賢一)らが半沢と絆で結ばれた仲間として描かれていた。
及川は、ミュージシャンとしても活躍中で『相棒でも注目された。
滝藤は、NHKの『あまちゃん』にも出演。現在、ブレイク中の俳優である。「半沢」ではいつも充血した目で思い込んだ表情が、あまりにも印象的だった。彼は仲代達矢主宰の「無名塾」に在籍し、映画『クライマーズ・ハイ』の演技で注目を集めた。

20120529_oikawa_121.jpg

MM-M02-0311.jpg

あまりによくできた原作。「やられたらやりかえす。倍返しだ!」などの決め台詞に加え、登場人物のキャラクターを見事に演じきった俳優たちの存在──それも、『半沢直樹』の高視聴率を支えたことは間違いないだろう。

ぜひ、東京セントラル証券に出向させられた半沢の
次の「倍返し」も見てみたいものだ。

☟『半沢直樹』の続きはこの原作で読める。


ドラマの原作はこちら。









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます