SSブログ

「アメトーーク!」ピース又吉、驚愕の偶然!太宰治との因縁を披露[CM映像] [テレビ]

スポンサーリンク




読書家で熱烈な太宰治ファンを自負するお笑いのピース又吉。
「アメトーーク!」の新企画「偶然を愛する芸人」で
太宰治との偶然の一致を告白!
それは、初めて東京に来た日のことだった──。

28934831.jpeg

「アメトーーク!」でまず語られたのは、東京でのアパート探しでのこと。
吉本興業に通いやすい場所、ということで中央線にアパートを探していた又吉は、
当初、荻窪界隈にしようかと思っていたのだが、たまたま飛び込んだ不動産屋で
その先の三鷹の物件を紹介される。
時間もないことだしとそこに決めたという。
その帰り道、アパートの近所にあったお寺を見つけ、
「せっかくだから」とお参りしたという。
そこが、実は愛して止まない太宰治が眠る禅林寺だとは露知らず。
そして、その後大いに驚いたのだった。


禅林寺・太宰治の墓

554_1.jpg

554_2.jpg

森鴎外を尊敬してやまなかった太宰治は、禅林寺にある鴎外の墓について、「花吹雪」(昭和19年発表)に「ここの墓所は清潔で、鴎外の文章の片影がある。私の汚い骨も、こんな小奇麗な墓所の片隅に埋められたら、死後の救いがあるかもしれない」と書いている。

その意を汲んで、美智子夫人が太宰をこの寺の鴎外の墓の側に葬った。毎年6月19日の桜桃忌には、全国から多くの太宰文学愛好者がここに集まってくる。6月19日は太宰の遺体が発見された日でもあり、誕生日でもある。



三鷹での生活が始まり、太宰のことが気になった又吉は、三鷹の図書館に通い、
太宰の住んでいた場所を探した。
そこで、ある文献に辿り着く。
そこには、太宰が住み、小説を書いた場所が記されていた。
今、自分が住んでいるアパートの近くらしい。
そこで、現在の所番地で探してみると──。

何と、その住所は又吉が住んでいるアパートとまったく同じ住所だった!

もう一つ、こんなエピソードも披露。

又吉は大阪出身だが、もともとは大阪に実家があるらしい。
そこには、現在でも祖母が住んでいるのだが、
ある時、その祖母から電話がかかってきた。
「直樹、実はうちの家がCMの撮影で使われたから、テレビで観て」
そう言われて観てみた。

CMは清涼飲料水のもので、
走れメロスの扮装をした手越祐也の出演するシリーズ。
メロス、というのも何やら因縁を感じた又吉だったが、
CMに登場する祖母の家の表札を観てまたびっくり。
制作者の意図なのだろうが、「又吉」の表札がはずされ、
かかっていた表札には「太宰」の文字が……。

そのCMの映像を見つけたのでご覧いただこう。


マッチ(match)CM 手越メロス 遅刻編







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます