So-net無料ブログ作成

あの体操の岡崎聡子が7度目の覚せい剤取締法違反で逮捕![画像]

スポンサーリンク




76年モントリオール五輪の体操日本代表選手で、
元タレントの岡崎聡子(52)が、9月13日までに
覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。




逮捕容疑は、6日午前10時頃、自宅アパートで
ストローに付着した覚せい剤約0.5グラムを所持した疑い。
同居の指定暴力団関係者の男(50)も同容疑で逮捕された。

E5B2A1E5B48EE881A1E5AD90.jpg

njgh-101f8.jpg

002.jpg
モントリオール五輪で活躍した15歳の頃の岡崎聡子


岡崎容疑者は同法違反で、過去に5度の実刑判決を受けている。
今年2月15日には、東京・新宿区百人町1丁目の路上を歩いていたところを、
パトロール中の警察官に職務質問され、任意の尿検査で覚せい剤の陽性反応が出たため、
同18日までに同法違反容疑で逮捕された。
その際も、容疑を否認し、最終的に不起訴となっている。


岡崎は、高校在学中の1976年に全日本体操競技選手権大会、
NHK杯体操選手権に出場し優勝を果たし、
代表選手としてモントリオールオリンピックで団体8位、個人総合30位の成績を残した。
体操引退後はタレントに転向。

最初に逮捕されたのは1995年、
2回目の逮捕は、1回目の判決が出た5日後に
ロッカーに置いてあった覚せい剤を取りに行き再逮捕。
3回目は2000年、4回目は2005年、5回目は2009年と

4~5年の割合で逮捕されている覚せい剤の常習犯である。

著名人の薬物使用といえば、
元俳優の清水健太郎が違法薬物の所持、使用で計6度の逮捕歴があるが、
岡崎容疑者は清水の逮捕回数を超える不名誉な記録を樹立した。







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。